寒くなるとアツアツのコロッケをお勧めします。

私たちの生活に欠かせないものといえば、食べることかなと私は思っていて、もちろん、食以外にも仕事や趣味など、欠かせないものも人によって違いはあるかもしれませんが、食べることは元気の源になると思っていて、やはり大事なことだと感じています。

私が食べることが好きということもあるかもしれませんが、食といっても今は本当にいろいろな食がありますが、洋食が最近またマイブームなので、洋食であるコロッケについて書いてみたいと思います。

今は寒い季節ですが、アツアツ揚げたてのコロッケをハフハフ言いながら食べるのがコロッケの醍醐味ですね。体が温まる代表であるお鍋には流石に歯が立たないかもしれませんが、コロッケでも充分体が温まりますね。外側の衣に比べ、中の具の熱が逃げず、熱いままなので食べるときにヤケドに気を付けないといけない食べ物ですが。外はサクッ、中はフワッとしていて、とても美味しいです。ソースとの相性もバッチリですね。

コロッケの歴史を調べてみると、コロッケは日本独自の食べ物のようです。西洋にすでにあった、クロケットという食べ物を真似して作ったのがコロッケなのだそうです。

明治30年代、主要な駅の構内の食堂や食堂車のメニューに初めてコロッケが載っていたのだそうです。大正時代に大々的に普及したコロッケはトンカツ、カレーライスと共に大正時代の三大洋食の一つに見事仲間入り、コロッケは今や、非常にポピュラーな洋食として誰もが知るところとなっていますね。

コロッケはそのまま食べても、もちろん美味しいけれど、変わった所で和食のおソバやうどん、洋食のカレーライスに乗っていたり、サンドウィッチにも具としても使われていますね。コロッケの中のジャガイモはもちろん、肝である、ベシャメルソースの味が決まっていれば、本当に美味しいコロッケになりますね。これを書いていたら、コロッケがますます食べたくなりました。今日のおかずにコロッケはないので、家族に内緒で、あとでコッソリ買ってきて食べようかと思います。


どうしても冷えてしまう、冬の夜に

平日、仕事などで一歩、外に出ると冷たい風が当たり、急に寒くなって体が強張ってしまいますね。冬で外が寒いのは当たり前なので、ある程度、しかたないと諦められますが、寝室で寝ているときに寒いというのには困ってしまいます。パジャマを着て、ふとんを掛けているのに寒い。そこで、温かいパジャマを探すことに。すると、よさそうなものが見つかりましたので紹介します。

ちょっとポップでかわいい感じのサイトだったので「もしかしたら、女性専用かな?」と思ったのですが、男性用もありました。このパジャマは、温かいのはもちろん、生地も薄く、汗も吸って着心地も軽いパジャマだそうです。首の上あたりまであるネック部分が、冷やしたくない首まわりもちゃんと覆ってくれる仕様になっています。

とても魅力的なパジャマですが、それを可能にしているのが、パジャマとして最適なフリース素材を追求、汗を吸いながら脱いだときにパチパチとなりやすい静電気を防いで軽く、一般的なフリースとは違う、ふわふわな肌触りプラス、着心地と温かさを実現した、パジャマです。

軽いパジャマで首まで覆ってくれる仕様になっているところに惹かれました。ズボンとのセットで、デザインもシンプルなのでカッコイイですね。色は7色で、値段が8600円と、パジャマにしては高いですが、値段に見合うものだと思います。私も欲しくなりました。


ウキウキ気分の年末年始

大人になってもクリスマス、大晦日、お正月、年末になると、ウキウキ気分になります。子供の頃からの習慣かもしれませんね。

しかしこの一つ一つの行事は、全て違った意味の行事です。クリスマスは、西洋の行事で、キリストの誕生を祝うと言う由来がありますし、大晦日は年中を無事に乗り切ったと言うところですか。お正月は年神様にこの一年を無事に過ごせるようにと言う想いからの行事です。

特にクリスマスは、デパートなど宣伝によって出来たように思われます。ケーキを食べたり、鶏肉を食べたりするのは、日本独自の物だそうです。欧米では、ターキー(七面鳥)の料理が出ます。ケーキにしてもフランスではブッシュ・ド・ノエルという木をかたどったケーキを食すると言います。

日本流のアレンジが悪いとは思いません。むしろ素晴らしいアレンジだと思います。他の行事にしても、全て日本流で良いではありませんか。何にでも直ぐに対応できる、臨機応変なことは素晴らしい事です。このように仕組みを真似て、やがてオリジナルな物を造形するのは、日本人の得意な分野です。やがて見向きもされなくなる催しも、こうして伝承されていくのです。

ちなみに大人になってからもサンタクロースが本当にいるものだと信じています。

え?大人だったらサンタクロースが存在しないことはわかっているはずと思うでしょう。

私は違います。だって!存在しないと思うとつまらないでしょ。地球人が行ったことのない未開の地にいるかもしれない。そう考えるとワクワクします。


柚子湯に入る理由と効果について

私の実家には、柚子の木が何本か植えられています。

毎年12月になると、近くに住んでいる母がたくさん黄色い柚子を持ってきてくれます。私は子供の頃から「冬至には必ず柚子湯に入ること!」と母や祖母から言われ続けてきました。

柚子の香りは好きでしたが当時は、冬至の意味や、なぜ柚子湯に入らなければならないかの理由も知らずにお風呂に入っていました。

そこで、その柚子について調べてみました。

柚子は、みかん属の常緑小高木で、柑橘類の1つ、ホンユズとも呼ばれ、消費・生産ともに日本が最大とのこと。

冬至とは、【太陽の位置が1番低くなる日で、1年で最も昼が短く夜が長い日】です。

冬至の日に柚子湯に入る理由は、大昔は毎日お風呂に入る習慣がなく、お風呂に入ることは汚れを洗い流すと言うよりも、運を呼び込む前の厄払いをする為に身を清めるという意味だったそうです。

また、柚子湯の効果は、血行促進・冷え性や神経痛、腰痛を和らげる・美肌・肩こり・冷え性・ひびやあかぎれ改善などの症状に効果的です。

柑橘類は紫外線で日焼けするといわれているので、柚子湯に入るには日中は避けた方が良いとのこと。

我が家の柚子湯の方法は、軽く洗い、小さめの洗濯ネットに入れて湯船に浮かせています。

柚子湯の由来や効果を知ることができたので、娘達にも教え、のちにも言い伝えていって欲しいと願っております。