ウキウキ気分の年末年始

大人になってもクリスマス、大晦日、お正月、年末になると、ウキウキ気分になります。子供の頃からの習慣かもしれませんね。

しかしこの一つ一つの行事は、全て違った意味の行事です。クリスマスは、西洋の行事で、キリストの誕生を祝うと言う由来がありますし、大晦日は年中を無事に乗り切ったと言うところですか。お正月は年神様にこの一年を無事に過ごせるようにと言う想いからの行事です。

特にクリスマスは、デパートなど宣伝によって出来たように思われます。ケーキを食べたり、鶏肉を食べたりするのは、日本独自の物だそうです。欧米では、ターキー(七面鳥)の料理が出ます。ケーキにしてもフランスではブッシュ・ド・ノエルという木をかたどったケーキを食すると言います。

日本流のアレンジが悪いとは思いません。むしろ素晴らしいアレンジだと思います。他の行事にしても、全て日本流で良いではありませんか。何にでも直ぐに対応できる、臨機応変なことは素晴らしい事です。このように仕組みを真似て、やがてオリジナルな物を造形するのは、日本人の得意な分野です。やがて見向きもされなくなる催しも、こうして伝承されていくのです。

ちなみに大人になってからもサンタクロースが本当にいるものだと信じています。

え?大人だったらサンタクロースが存在しないことはわかっているはずと思うでしょう。

私は違います。だって!存在しないと思うとつまらないでしょ。地球人が行ったことのない未開の地にいるかもしれない。そう考えるとワクワクします。